2021年12月26日日曜日

ヤシの湖畔に輝く光のティアラ、南国イルミネーション。

 「ミレーニア勝浦」の冬の風物詩・ラグーナのイルミネーションが、今年も点灯中。ティアラをモチーフとした明かりがパーゴラを彩り、長い夜を煌びやかに演出している。




薄暮の群青色の空に下、湖面に映り込む光のティアラとヤシの木のシルエットは、とてもエキゾチック。ここが日本であることを忘れてしまいそう。








辺り一面が漆黒に染まると光のティアラが浮かび上がり、静寂に包まれたラグーナ湖畔を上品に引き立てる。



光の回廊、夕闇のベール…。







冬にしか出会えない「ミレーニア勝浦」ならではのイルミネーションをお見逃しなく。


2021年12月20日月曜日

40年の伝統が息づく老舗ホテルの黒いカレー

日本人はカレーが好きだ。全国津々浦々に様々なタイプのカレーがあり、昨今ではスパイシーなカレーを売りにする古民家カフェが人気だ。


スープカレー、野菜カレーなど流行のカレーもいいものだが、「これぞ日本の本格カレー!」という歴史のあるカレーを食べたくなる時がある。







そんな時、訪ねているのが「鴨川グランドホテル」のメインダイニング“GUNJO(群青)”。約40年にわたって歴代のシェフ達がレシピと味を守り続けてきた『黒毛和牛のビーフカレー』が味わえる。




牛すじを様々な香味野菜&ハーブとともに丸一日かけて丁寧に煮込んだビーフブイヨンをベースに、黒毛和牛、飴色になるまで時間と手間をかけて炒めた野菜、スパイスを加え、肉がトロトロになるまでじっくり煮込んだ至極のカレーで“黒いルー”が特徴。




濃厚な深みのある味わいは、40年の伝統に裏打ちされたもの。黒毛和牛、野菜、スパイスが織りなすハーモニーは唯一無二。このカレーが食べたくて遠方からやってくる常連客が多いという。




スープ、サラダ、パンも、上質な味わい。













丁寧に調理された料理を洗練された空間で堪能できる“GUNJO”は、食事を特別な時間にしてくれる。





2021年11月28日日曜日

関東一遅い房総半島の紅葉、ライトアップの幻想美

温暖な気候の南房総は、関東で最も遅い紅葉が楽しめることで知られ、11月下旬から12月上旬に見頃を迎える。






房総半島の山間部は例年よりも昼夜の寒暖差が大きく、1120日過ぎにはモミジやカエデが鮮やかに色づき、紅葉名所で知られる亀山湖は色とりどりの錦秋に包まれていた。



養老渓谷では、1120日(土)から125日(日)まで紅葉ライトアップが行われており、昼間とはひと味違う紅葉が楽しめる。




日没後の午後5時、ライトが点灯すると渓谷沿いの紅葉が夕闇に浮かび上がり、とても幻想的。




国道465号線老川交差点付近を彩るモミジの灯り




赤や橙の光に染まる奥養老橋




闇夜に浮かぶ養老渓谷温泉郷の観音橋




山合いの温泉郷の紅葉ライトアップは、ひっそりとした美しさ。


紅葉と光のコンビネーションが異空間へと誘ってくれる。


2021年11月15日月曜日

おいしい健康!房総産ドライいちじく!!

気候が温暖な南房総では、色々な種類の果物が栽培されている。健康効果の高さから、TVや雑誌などでよく取り上げられている「いちじく」の生育にも適しており、秋になると農家の庭先などでよく見掛ける。






「いちじく」は、腸内環境を整える食物繊維(ペクチン)・貧血を予防する鉄分、塩分を排出し高血圧を予防するカリウム・骨を強くするカルシウム・ポリフェノール・カロテン・ビタミンなど、健康に効果のある栄養成分が多く含まれ、昔から“不老長寿の果物”と呼ばれてきた。




なかでも「ドライいちじく」は水分が抜けることで、生いちじくよりも「カリウム」「カルシウム」「食物繊維」などが凝縮し、栄養価が増すといわれている。























道の駅で千葉県産の「ドライいちじく」を購入し食べてみると、ジューシーかつ濃厚。自然な甘味が濃縮され「いちじくってこんなに甘いものだったんだ」と驚いたほど。お茶請けにすれば、カテキンとの相乗効果でヘルシーさ抜群。




「ドライいちじく」ヨーグルトにしてみると、甘味とヨーグルトの酸味が合わさって、とても爽やかなデザートに。

毎日食べ続けたくなるスーパーフードだ

2021年10月24日日曜日

香り、比類なし!究極の枝豆!『鴨川七里』

ご当地野菜には様々な名称があるが、『鴨川七里』ほどインパクトがあるネーミングは少ない。豆の香りが素晴らしく、茹でると香りが七里(約28km)先まで広がるとの言い伝えから、この名が付いたという。

鴨川に古くから伝わる枝豆の在来種で、昭和初期まで多くの農家が作っていたが栽培が難しいため徐々に減少。幻の枝豆と呼ばれていたものを、近年、地元農家が復活に取り組みはじめた。






一般的な枝豆の収穫期は6月から9月と長いが、『鴨川七里』は極晩生で収穫できるのは秋が深まる10月下旬のわずか2週間ほど。栽培が難しいだけでなく収穫期も短いため、生産量は極わずか。稀少な枝豆である。



10月20日過ぎに、『鴨川七里』の復活に尽力している鈴木健一さんの畑を訪ねてみると、ちょうど収穫のピークで、枝豆の“さや”がたわわに実っていた。


鴨川の気候や風土に根付きながら何代にも渡って受け継がれてきた在来種である『鴨川七里』の“さや”は、細かなうぶ毛に覆われ、エネルギッシュ。大きな実がぎゅっとつまっており、ふっくらとボリュームたっぷり。




鈴木さんは、10数年にわたり『鴨川七里』を自家採種しながら努力を重ね、茎のもろさなど栽培の難しさを克服し強くたくましい枝豆を育て上げている。香りの良さは畑にいても分かるほどだ。




何本か分けてもらい、家に戻ってさっそく茹ででみると、湯気とともに芳ばしい香りが立ち上る。『鴨川七里』の名は伊達じゃない。










茹で上がりを食べてみると、ホワ~と広がる甘い香りはもちろん、さやからプチッとはじけ出た豆の艶ややかさ、身の締まり具合が格別!









しっかりとした食感、濃厚なうまみは、一度食べたら忘れられない美味しさだ。枝豆特有の自然な甘さ、在来種ならではの力強さは、普通の枝豆では味わえない。





こんなに美味しい枝豆があったとは驚くばかり。『鴨川七里』の復活に情熱を注ぐ鴨川の農家の皆さんに感謝感激だ!

2021年10月16日土曜日

南房総で楽しむプチ島旅

空も海も透明度を増す秋の南房総では、ことさら美しい海岸風景が楽しめる。なかでも新日本百景に選ばれている「鴨川松島」は、ぜひとも立ち寄っていただきたい秋の景勝地。大小七つの島(荒島・弁天島・鵜島・雀島・波涛根島・猪貝島・海獺島)が宮城県の松島を彷彿させることからその名が付いたという。




特に嶺岡山系東端の海抜約110メートル地点に位置する「魚見塚 (うおみづか) 展望台」から望む「鴨川松島」は絶景。島々を覆う緑の松と青い海とのコントラストは美しく、外房随一との呼び声高い。




かつて漁師たちが沖合いにくる魚の群れを見張っていたことから「魚見塚」と言われており、「鴨川松島」をはじめ、「仁右衛門島」、「前原海岸」、雄大な太平洋が眼前に広がる。

島々の絶景をただ眺めているだけでも満足できるが、島へ渡ることができたなら楽しさはさらに倍増するはず!昔ながら手漕ぎ舟が運行されている「仁右衛門島」は必見のスポット。「魚見塚」から約3kmという近さだ。




ゆったりゆらゆら揺れながら手漕ぎ舟で島に渡り、のんびりほのぼの離島気分を満喫。








千葉県では唯一の有人島で、代々島主は平野仁右衛門を名乗り、現在の島主が推定で38代目。島の高台に歴史を感じさせる趣のある住居が建つ。





1180年、石橋山の戦いに敗れた源頼朝が安房に逃れた際に平野仁右衛門に助けられ、この島に身を隠して巻き返しを図ったと言われ、源頼朝の隠れ穴と伝わる洞窟がある。






そして島の南側には荒々しい岩礁が広がり、とてもダイナミック。太海漁港からわずか200mしか離れていないのに、本土とはひと味違う雰囲気が味わえる。




南房総で楽しむプチ島旅。おすすめです!




ヤシの湖畔に輝く光のティアラ、南国イルミネーション。

  「ミレーニア勝浦」の冬の風物詩・ラグーナのイルミネーションが、今年も点灯中。ティアラをモチーフとした明かりがパーゴラを彩り、長い夜を煌びやかに演出している。 薄暮の群青色の空に下、湖面に映り込む光のティアラとヤシの木のシルエットは、とてもエキゾチック。ここが日本であることを忘...