2022年8月30日火曜日

関東一の早場米!盆明けには早くも新米が!!

千葉県は8月中旬から稲刈りが始まる関東一の早場米の産地。真夏の太陽の下、田んぼ一面がたわわに実った稲穂で満たされ、盆開けには新米が店頭に並び始める。


























なかでも南房総の嶺岡山系は、稲の成長に必要なミネラル分が豊富に含まれる蛇紋岩土壌で、美味しいお米を育てるのに最適な環境といわれている。プレミアム米の産地として有名な新潟県の南魚沼も蛇紋岩土壌である。













鴨川嶺岡米の生産者・満田安孝さんは、蛇紋岩の多い重粘土の地質を最大限に活かし、世界最大のお米の品評会「米・食味分析鑑定コンクール国際大会」にて金賞に輝いた経験を持つ。


 
















 

嶺岡山系から流れ出る天然水の養分が充分行き渡るよう一本一本間隔を開けて田植えを行い、酵母・乳酸菌・納豆菌など環境浄化微生物を用いるなど、米づくりに並々ならぬ情熱を注いでいる。面積あたりの収穫量は減ってしまうが、力強い稲が育ち旨味も凝縮されるという。












そんな鴨川嶺岡米の持ち味を存分に引き出すため、お米の芯までふっくらと炊きあがる土鍋を用いてみた。












お米一粒一粒がしっかりしており、もっちり弾力のある歯ごたえは。噛むほどに甘味が広がり、おこげの香ばしさは土鍋ならではである。












お米にこだわり、炊き方にこだわる。時には、ご飯が主役になる食卓もいいものだ。













2022年8月10日水曜日

「ミレーニア勝浦」から約6km、風光明媚な岬歩き。

勝浦の海岸線は約30kmにも及び、そのほとんどが太平洋の荒波に侵食された典型的なリアス式海岸である。なかでも「鵜原理想郷」は、深い入江と断崖が入り組み、古くから風光明媚な岬として知られてきた。

























「鵜原理想郷」にはハイキングコースが整備されており、岬の上に登ったり、静かな入り江に出たり、森の小径を散策したり、一つの場所で多様な風景がたっぷり楽しめる。















大きく潮が引くと岬の直下に出ることができ、ダイナミックな海食崖を間近に見上げることができる。海食と風化がもたらす複雑な造形は、見応え抜群だ。


岩礁の隙間にできた潮溜まりは水の透明度がとても高く、ヤドカリや貝、小魚がくっきり見える。



このハイキングコースは1周約2.3km、高低差は約30mときつくないが、アップダウンを繰り返すので、なかなかいい運動になる。

そして、岬の散策でほどよく身体を動かした後は、鵜原商店街のレストラン「こだま」でカロリー補給。お昼時はいつも席待ちができる地元の人気店だ。











肉屋さんがルーツのお店なので「ヒレカツ定食」と、辛味の中にうま味があると評判の勝浦タンタン麺のハーフをオーダー。











山盛りのご飯、ハーフとは思えない勝浦タンタン麺の量を見て「多すぎるかな」と思ったが、箸が止まらなくなる美味しさで瞬く間に完食してしまった。











風光明媚な岬歩き。ハイキング後のソウルフード。晴れた休日の定番になりそうだ。



2022年7月23日土曜日

3年ぶりの海開き

3年ぶりに海開きした勝浦市内の海水浴場。ビーチパラソル、監視台、海の家…、夏の風物詩が、ようやく帰ってきた。

勝浦市内には、興津海水浴場、守谷海水浴場、鵜原海水浴場、勝浦中央海水浴場があり、なかでも守谷と鵜原は、白い砂浜とエメラルドグリーンの海が南の島を彷彿させると評判の海水浴場。海の透明度が高く「日本の渚百選」に選ばれている。

また「ミレーニア勝浦」から一番近い興津海水浴場は、防波堤に囲まれた波のおだやかな海水浴場で、小さな子供連れのファミリーに人気がある。浮き輪、ビーチボール、ゴムボート…。一日中はしゃぎ声が絶えないスマイルビーチだ。

西サイドには岩場があり、潮溜まりにはヤドカリ、カニ、貝、小魚がいて磯遊びが楽しめる。














そして、海から上がって食べるかき氷は格別!
暑い夏は、やっぱり海が最高!





2022年6月5日日曜日

アワビ漁解禁! 梅雨空の磯景色

勝浦では、5月下旬にアワビ漁が解禁となり、漁場となる沿岸の干潮線附近の岩礁に海士たちの小さな磯舟が浮かんでいる。ウェットスーツに身を包んだ海士が磯舟の傍らで素潜り漁を行う様子は夏の風物詩だ。




複雑に入り組んだリアス式海岸が続く勝浦は、暖流黒潮の恩恵を受けアワビの餌となる海藻が豊富で、引き締まった肉厚なアワビが育つ最高の漁場。外房産のアワビは、奈良・平安時代に都の朝廷に献上されていたという記録がある。

磯根で育つ勝浦のアワビは、しっかりとした歯応えとアワビ独特の濃厚な味わいが特徴で旨みがぎっしり。しかも、すぐ目の前の海で獲れた鮮度みなぎるアワビの美味しさは格別だ。










また潮が引いた磯ではヒジキやテングサなどの海藻採取が盛んに行われていた。




潮溜まりには、ヤドカリやカニがたくさん。





梅雨入りし空模様はすっきりしないが、直射日光にさらされない分、磯遊びは快適に楽しめるかもしれない。



2022年5月2日月曜日

夏の入口、新緑の房総・里山散歩

春が一足早くやってくる南房総は、初夏の訪れも早い。樹々は初々しい若葉に萌え、眩いばかり。

新緑に誘われて房総丘陵の山合いへ出掛けてみると、レンゲツツジが咲き始め、まさに初夏の彩り。




青葉の中を、小湊鉄道の気動車がカタンコトンと走っていく。

小湊鉄道は首都圏では珍しいレトロな車両が人気のローカル線。
昨年から旧国鉄型のキハ
40系気動車も走りはじめ、昭和時代の旅情を醸し出している。
首都圏を走る列車の多くが銀色のステンレス車両となってしまった現在、
塗装された鋼鉄製の車両はとても希少。

のどかな里山風景には、やはり昔ながらの鋼鉄製の列車がよく似合う。

沿線近くを流れる養老川は新緑に包まれ、実に鮮やか。きらめく川面に小さな魚影が透けてみえる。



























南房総では、すでに夏の扉が開いている。


関東一の早場米!盆明けには早くも新米が!!

千葉県は8月中旬から稲刈りが始まる関東一の早場米の産地。真夏の太陽の下、田んぼ一面がたわわに実った稲穂で満たされ、盆開けには新米が店頭に並び始める。 なかでも南房総の嶺岡山系は、稲の成長に必要なミネラル分が豊富に含まれる蛇紋岩土壌で、美味しいお米を育てるのに最適な環境といわれてい...